夏雲奇峰


『夏雲奇峰 ( かうんきほう ) 』の意味


詩人の陶淵明が四季をうたった詩の夏の句。夏は入道雲が現れて空に珍しい形の峰を描く。


かっこいい投票数: 2 票

かっこいい 「 夏雲奇峰 」こそが、かっこいい四字熟語だという方はボタンを押してくださいね。 ランキングの順位があがります。
※一日一回のみ投票可能です
かっこいい投票ボタン




→かっこいい四字熟語ランキングを見る かっこいいベスト30

「 夏雲奇峰 」のかっこいい四字熟語@Twitter